男女

マンション経営の工夫

男性女性

業務委託で能力不足を解消

マンション経営をするにあたり、必須条件となるのがマンションを購入する資金があることとマンション経営能力があることです。ただ、仮にマンション購入資金は準備できたとしても、マンション経営能力は一朝一夕で会得できることではないものです。よって、必須条件であるにもかかわらず、マンション経営者でマンション経営能力が不足している人は多くいます。では、そのような人たちは、どのようにしてマンション経営を行っているのかというと、業務委託をしているのです。素人が簡単に会得できない能力は、プロに任せてしまうのが合理的だというわけです。業務委託の方法は色々とありますが、その中の1つに数えられるのがサブリースです。そして、サブリースをしてマンション経営をしている人は多くいます。

安定継続も図れる

サブリースとは、端的に言い表せば又貸しです。マンション所有者が不動産会社にマンションを丸々1棟貸し、そのマンションで不動産会社が賃貸経営を行うことがサブリースです。従って、サブリースを行えばマンション経営に関して、ほぼノータッチということになるのです。もちろん、不動産会社は利益を得る必要があります。よって、サブリースを行うとマンション所有者は自身でマンション経営を行う場合よりも利益は少なくなります。但し、サブリースは入居率に関係なく、一定の賃料が支払われます。つまり、仮に空室が多くて本来ならば収入減になるような場合でも、一定の収入は確保できるというわけです。よって、サブリースを行えばマンション経営の安定継続も図れることになるのです。