男女

不動産投資のときは

マンション

マンション経営などの不動産投資は、賃貸物件を保有し、賃貸経営をすることで不労所得を得ることができます。サラリーマンが投資用のマンションなどを購入するためには、購入するマンションを担保にして住宅ローンを組んで資金を調達することになります。その意味においては、まとまった運用資金を持っていなくても、不動産投資を実施することが可能となります。そして、賃貸物件から入ってくる家賃収入を住宅ローンの返済に回すことで賄うことができます。現在は、ゼロ金利を通り越してマイナス金利になっています。このため、住宅ローンを組んで借入れを行っても、利息の負担が軽減されますので、返済計画を比較的楽に設定することができます。このため、現在の状況は、マンション経営に適していると考えられます。

マンション経営用の賃貸住宅を、低金利のローンで購入することができれば、返済総額は自ずと少なくなります。現在の政権は、インフレ的な景気への誘導を図っていますので、今後物価が上昇することも考えられます。この場合であっても、給与が上がっていることが前提になりますが、家賃をあげても問題ありませんので、物価変動の影響を受けないというメリットがあります。物価が上昇し、インフレ傾向になると、保有している現金や預貯金は、相対的に価値が下がり目減りしてしまいます。しかし、実物資産を有して行うマンション経営の場合、不動産価値の上昇が現金や預貯金の目減りをカバーしますので、きわめてリスクが低い投資であると評価できます。資産運用のリスクヘッジのためにも、マンション経営は有効な手段です。